妊活中から葉酸サプリメントを赤ちゃんのために摂っていました。

妊娠葉酸サプリ

私は結婚をして年度末には仕事を辞めると決めていたので、働いているうちに妊娠して退職後に出産、もしくは仕事を辞めて、新しい住まいの近くで仕事を見つけて少し落ち着いてからの妊活か…を迷っていましたが、子どもは授かりものだと思い、妊活を始めました。

もともと、生理痛も重く、ストレスを感じると何週間も生理が遅れるような体質のため、妊娠もなかなかうまくいかないかもしれないなと思っていました。

妊活を始めてから1回目に来るはずの生理の予定日あたりにまた生理が遅れていました。よくある話なのですが、妊活中だったこともあり気になって仕方なかったので妊娠検査薬を買い、すぐに検査、陽性反応でした。まさか、こんなに早く妊娠できるとは思っていなかったので、後日、産婦人科へ行きました。

妊娠が正常だとわかりとても嬉しかったです。
産婦人科にはたくさんの妊娠の雑誌が置いてあり、その中で私が良いと思ったのが、たまごクラブだったので、私も定期的ではないですが購入して、妊娠中について、また赤ちゃんを迎えるためには何が必要かなどを読みあさりました。

元から貧血気味だったので、葉酸タブレットの他に鉄分入りのものにしてみたり、また、和食を心がけました。つわり中はお魚コーナーに行くのが気持ち悪くて、食べる分にはいいのですが買いに行けないので、そういう時は青魚のDHAのサプリなども飲んでいました。

食べものだけで葉酸を取るのは難しいと友人にも聞いていたので、葉酸は妊活中からでも取っておいたほうが良いとしり、葉酸のサプリメント(ベルタ葉酸サプリを近インターネット通販で購入)を毎日とるようにしていました。

体を冷やさないように夏場から秋にかけての妊娠発覚で暑かったのですが、なるべく温かい飲み物を飲むように、またなるべく靴下、スニーカーなどにして素足は辞めるようにしました。

結婚をして職場まで遠くなり車で1時間近くかけて通勤していたのでこれからつわりなどがあったらどうしようと不安もありましたが、妊活をはじめてからはそうなっても乗り切るしかないと覚悟でした。また、保育の仕事で赤ちゃんについては知識はわりとあったので良かったのですが、体を動かす仕事、また子どもがたくさんで病気も流行ったりするのでそれもとても不安でした。

妊娠初期の時はどうなるかまだわからないので、人に話すのもどうだろうと思いましたが話しておくことでまわりにわかっていただけると思い伝えました。とはいえ、仕事はしているので無理をしてしまうこともありました。

空腹感を感じると気持ち悪くてトイレで吐いてしまうこともあったので、ちょこちょことお茶を飲んだり、仕事の休憩中には軽食(小さめおにぎりなどを常備していました)をつまみ、飴を舐めたりして気持ちを紛らわせました。

仕事中はわりと忙しくて気がまぎれるため、つわりが気持ち悪くて何もできないなんてことはありませんでした。休みの日などの方が気が抜けるのか気持ち悪くて寝込むようなことが多かったです。

ただし疲れと眠気がひどくてらしっかり眠っていて翌朝は良くても仕事帰りには眠たくて眠たくて仕方ないことも度々ありました。車なのでできることですが、どこかの駐車場に停めて仮眠を1時間くらいとるなんてことは日常茶飯事でした。

ストレス発散は主人や友人とのお出かけだったので、体調が良い日にはお出かけをしたりおしゃべりをしたりして楽しみました。また、子供がいる友人にあって話を聞くこともとても勉強になり、また近い将来あかちゃんと対面した時への楽しみにもなり、つわりでしんどくても頑張ろうと前向きな気持ちになれました。

また、お腹が大きくなる前から腰が痛くなることが増えました。布団で眠るよりも家のソファが柔らかくてよく眠れたので一時期はソファで眠るような時もありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です